Education for professional skills

克服できる

英会話が苦手な日本人

日本人は、一般的に他国に比べて英会話が非常に苦手といわれています。日本人の特徴は英語の文法はとてもよくできるのに、会話になると苦労をする方が多いです。 なぜ日本人が英会話が苦手かというと、日本の学校での英語教育法に問題があるといわれています。私達は、中学から高校の少なくとも6年間は英語の授業を習います。その教育方法のほとんどは、日本語から英語、英語から日本語に訳していく授業です。ですから、実践的な会話の訓練を行っていないといえます。よって、いざ目の前に外国人がいた場合、どのように会話をしていいのか戸惑ってしまいます。 英会話をスムーズに身につけるには、英語で考えて発話する訓練を行って行く必要があります。

勉強する時のポイント

英会話を効率よく身につけるには、英会話学校に通うことが有効と考えられます。学校に通って習う時には、効率よく学ぶためのコツがあります。その1つが、積極的に講師と会話をすることです。日本人のほとんどは、口数が少なくなかなか話すことができません。頭の中で考えているだけでは、いつまでもコミュニケーション能力を養えません。 それと、英会話を習う時は、文法をあまり意識しないで話すといいです。大切な事は、自分の気持ちを相手に伝えられるかどうかです。些細な文法を気にしなくても、 身振り手振りを交えれば相手と通じ合えます。相手と積極的に会話することで、コミュニケーション能力に自信が付きます。それで、流暢に会話ができるようになります。