Education for professional skills

基本的な情報

知っておくとよい情報

TOEIC対策をして受験していたのは何年か前の情報になるのですが、必要な情報等をお伝えいただければと思います。 この試験は、ヒアリングとライティングの2種類あります。最近はスピーキングが加わったとかなんととかって言いますが、私が受けた時にはスピーキングはありませんでした。 TOEIC対策としてまずヒアリングですが、これは学校で日本人の先生から受ける授業では到底理解できない部類だと思います。 私は英会話スクールに行って、ネイティブアメリカンの英語を聞いていたので対応できました。できれば本場の英語を聞いた上で臨みたいものですね。 あとは独自で文法、単語等を勉強し臨むのが良いでしょう。 TOEIC対策として最後に長文の英語の文章からの問題になりますので、集中力を切らすことなく頑張ってください。

工夫することで得られるメリット

TOEICはたしか990点満点だったと思いますが、だいたい自分の物差しで書かせてもらいますが、750点取れれば受けた甲斐があるのかなって思います。 これだけの点数はなかなか難しいと思うのですが、工夫することで点数を伸ばしていきましょう。 問題数が多いのでわからない問題は飛ばして、確実にわかる問題から解いていきましょう。 時間が余れば飛ばした問題を解決していきましょう。しかし、この試験は問題の難しさもそうですが、時間の問題もあります。TOEIC対策で分かったことは、一つの問題に時間をかけられるのはそんなに長くはありませんでした。何度も言うようですが、わかる問題から解いていってください。あとは、過去問を何回も目を通し、出てくる傾向を立てて、そこを何回も繰り返し勉強するようにしましょう。